【暴露】ヒゲ脱毛は危険?後悔する男性が後を絶たない理由!

ヒゲ脱毛で後悔する男性の特徴や理由とは?

後悔し激怒している髭面の男性

近年、「ヒゲ脱毛」を行う男性は増えてきています。濃すぎるヒゲや青ヒゲは「ライフコンプレックス(一生もののコンプレックス)」だと一昔前までは考えられていました。

 

しかし今では、男性の濃いヒゲでも綺麗に脱毛することが可能になりました。何を隠そう、私もヒゲ脱毛経験者の一人です。

 

卒アルの青ヒゲで映った過去の自分は変えられませんが、脱毛した事で今では「ヒゲの悩みゼロ」の快適な日々を送っています

 

現代の脱毛技術の進歩はヒゲで悩む男性にとってはとても有難いことです。しかしそんな中、実際に脱毛してみて後悔している人も一定数おられるのが事実なのです。切なくなるほど残念でなりません…。

 

メスを入れるわけではない為か、医療行為であるヒゲ脱毛を軽視してしまう傾向があります。特に男性はイケイケドンドン!で決断実行してしまう傾向にあります。ヒゲ脱毛で大きな後悔を残さないように、先達の失敗例から事前に学び、あなたのヒゲ脱毛ライフに活かしてみましょう。

 

ヒゲ脱毛ランキング

 

肌荒れや黒ずみ等のトラブル

 

ヒゲ脱毛の副作用

自然に生えている毛をレーザーや光で「強制的に抜く」という自然に反する行為である以上、後から肌が荒れたり黒ずんでしまうケースも少なからず存在します。万が一、そうなった場合でも適切なケアを施してくれる医療機関であれば心配する必要はありません。

 

今の脱毛サロンや脱毛クリニックでは安全面に気をつけて、丁寧に施術してもらえることが殆どです。とは言え、中には衛生面や技術面で問題があるサロンやクリニックも一定数存在していますので注意が必要です。

 

後からヒゲが恋しくなってしまった

 

後悔する男性

これ、嘘のような本当の話です。脱毛を行っているうちに、少しでも生えている所があると気に入らない!という心理に陥ることがあります。とにかく顔から全てのヒゲを脱毛して消したい…と、ある意味で視野が狭くなってしまっている状態です。

 

長年悩まされたヒゲですから、絶好のチャンスと言わんばかりに「一掃してしまいたい」という強い願望が芽生えるのは当然です。しかし、だからといって全て永久にヒゲを生えてこないようにするのが良いのか?一度、冷静に判断してみる必要があります。

 

全てのヒゲ脱毛を終えてから、「アゴヒゲを一部残しておけばよかった」とか「口ヒゲを残しておけばよかった」とか、後悔するケースがあります。ツルツルになってみて、「自分の顔に物足りなさを感じる」といった後悔も聞かれます。

 

女性からの評価が芳しくない…

 

若い女性

ヒゲ脱毛を試みる男性は、周りの目を過度に気にしすぎている傾向があります。実際に女性に積極的になれず、暗い青春時代を過ごしている、もしくは過ごしたという経験を持つ男性が多いでしょう。

 

私も「ホモ」とか「ヒゲオ」とか、散々言われましたね…。女性に積極的になれるわけがありません…。人によるんだろうけど…。

 

ただ知っておいてもらいたい事として、モジャモジャの「胸毛」は嫌いでも「ヒゲ」は好きという女性は意外と多いということです。

 

女性は男性に対して「自分たちにないもの」を求める傾向があります。「逞しい筋肉」がそうであるように、「ヒゲ」にセックスアピールを感じる女性も少なくありません。

 

全く無くさず「デザイン脱毛」と呼ばれるような「少しヒゲを残す」という選択肢もあります。最近では、「無精ヒゲ風」に残したいという要望も増えているようです。濃すぎるのは嫌だけど、ある程度ワイルドさの為に残しておきたいといった要望ですね。

 

ちなみに私の近辺でも似たような話が聞かれました。パートナーに「顔が幼くなって嫌だ」と言われたのは、同時期にヒゲ脱毛を行った私の同僚の話です…。まぁ、本人は後悔していないみたいですが、奥様的には微妙との感想でした…。

 

他にも、「エステはぼったくりで効果も薄い」とか、「レーザー脱毛の痛みに耐えれず途中で挫折…」とか、「担当者の上から目線に腹が立った」とか…。事前にクリニックやサロン選びを十分に行わなかったことが原因では?と思わされる後悔談も目につきます。いずれにしても、上記のような後悔をしなくて済むように、事前にクリニック選びだけでなく、「自分との対話」も行っておくことが大切です。

 

ヒゲ脱毛ランキング

ヒゲ脱毛は危険だと評価する人の理由とは?

ヒゲ脱毛で皮膚が炎症している男性

ヒゲ脱毛を行おうと考えれば、まずはネットで色々調べる事でしょう。調べれば調べるほど「怪しい」だとか「危険性がある」という声を目にしたり耳にしたりする事はありませんか?

 

永久脱毛のはずが生えてきた…

 

ヒゲ脱毛が危険だと言う意見の中に多いのが、「事前に知らされていた費用とは別に追加費用が発生した」とか「永久脱毛のはずが脱毛後もボウボウに生えてくる」といった体験談です。

 

サロンに限った話ではありませんが、まずは集客の為に「魅力的なキャッチコピー」を提示するのが普通です。「永久脱毛が10,000円〜」とか、「何度でも無制限で通い放題で月定額〇万円」とか…。これらを良く吟味せずに、そのまま受け止めて申し込む人が多いようです。

 

事前に脱毛クリニックやサロンについて予備知識があれば、これらの魅力的なコピーの裏側に隠されている真実が見えてきます。そもそも、「医師免許の無いサロンスタッフが永久脱毛行為を行うことは禁止されている」という常識すら知らないままサロンの勧誘に乗せられてクレームをつけるケースも多いようです。

 

事前に永久脱毛は医療機関のみが許されている行為であるという事実を認識していれば、永久(実際には永久とは謳っていないケースが多い)と勘違いするような表現で勧誘されても、それを真に受けて誤解せずに済みます。

 

ヒゲ脱毛ランキング

ヒゲ脱毛で起こり得る後遺症や副作用とは?

肌荒れ

ヒゲ脱毛は今、脱毛サロンをはじめ、皮膚科などでも幅広く行われており、きちんと研究をして実績のあるところがほとんどです。

 

ですが、レーザー脱毛は一応医療行為ですし、副作用後遺症が起こらないのか不安ですね。毛根を光や熱で焼いてしまう行為ですから起こり得る副作用について、知っておくのは大切です。

 

照射後数日で起こるのが毛嚢炎と呼ばれるもの

 

脱毛をした後数日後に、白くて「ぷくっ」としたニキビのようなものができてしまう事があります。毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれるものなのですが、埋もれ毛という言葉を聞いた事はありませんか?

 

毛嚢炎とはその埋もれ毛の事なのですが、肌の表面に出ている毛を焼き殺した際に、まれに体の中に毛が埋もれてしまう事があります。その毛は外に出ようとするものの外に出られない状態となり、そこで毛根が炎症を起こす事でできます。

 

またレーザーを当てた際に、毛根部分のバリア機能が低下するため、それに疲れがプラスされたりすれば、細菌に感染し炎症を起こすのも毛嚢炎の原因と言われています。毛嚢炎は元々肌のバリア機能が弱い乾燥肌の人がなりやすいため、しっかりとした保湿をする事が大切です。

 

毛根の細胞を焼いて除去させるため、火傷の可能性もゼロではない

 

脱毛をする際にはきちんとその人に合った照射レベルを確かめてから照射するのが基本ですから、脱毛をしたからといって火傷を起こす事はほぼありません。しかし照射レベルをあまりにも高くしてしまったり、誤って打った場合には火傷が起こる可能性もあります。

 

火傷とは照射後赤くなるくらいでは火傷とは言わず、水ぶくれや痛みがかなり増すくらいの症状を言います。また火傷を引き起こす原因として、日焼けした肌や乾燥しすぎた肌が挙げられます。黒い部分に反応する光やレーザー脱毛は日焼けした肌に行うと痛みが増します。

 

通常であればカウンセリングの時点で断られる事が多いです。こういった基本的な事をカウンセリングの際に質問しても、納得いく回答が得られなければ申し込むのは控えるべきです。

 

照射後にかゆみや赤み、炎症が起きるも、いずれも一時的なもの

 

肌がデリケートな人は照射後にヒゲがあった部分が赤くなったり、かゆみや炎症が起こる事があります。肌がデリケートという事はそれだけ肌が乾燥している人が多いのです。脱毛は乾燥した肌にはあまりよくありませんので、それが原因で起こる事もあり得ます。

 

しかしほとんどが「一時的なもの」で、しっかりと保湿をしたり肌を守って生活を送れば、ほとんどが数日で治るものです。ケアをしているのにも関わらず、跡が残るなどの症状が現れたら、受けた所に相談しましょう。素人判断せずカウンセリング時に確認する事が大切です。

 

ヒゲ脱毛ランキング

ヒゲ脱毛で得られるメリットやデメリット

ヒゲ脱毛の施術風景

ヒゲ脱毛を考える前に、そのメリットやデメリットを自分の中で精査してから進めた方が良いでしょう。こんなはずではなかったと諦めたり、中途半端になってしまう事は勿体ないですから、今の自分にとって必要であるかきちんと見極めたいですね。

 

見た目の印象がガラッと変わる

 

ヒゲ脱毛をするメリットはやはり顔の印象や見た目などがガラッと明るく変わるところでしょう。どれだけヒゲを毎日剃ったとしても、全く無い状態とでは見た目が違います。シンプルに言えば、若返ります!

 

自分の中で悩みが消えるという事で明るくなれたり、前向きに過ごせるメリットは大きいです。それだけで表情も変わりますからね。

 

毎日ヒゲを剃っていれば、肌への摩擦も多く、髭剃り負けもあります。脱毛することで、チリチリした痛みや肌荒れとも無縁になれます。

 

朝の忙しい時間帯に毎日時間を取られる事もなく、余裕ができる

 

朝の忙しい時間帯に毎日ヒゲを剃ることから解放されますし、時間に余裕も生まれます。一生シェーバーやシェーバークリームなどを買い続けなくてよくなるため、長い目で見れば脱毛の方が安く済む場合もあり得ます

 

毎日の事であれば慣れてしまって面倒に感じない人でも、脱毛後はこんなに面倒臭い事を毎日してたなんて、と実感する男性もいます。1日3分でも、年間にすれば約1,100分です。約18時間です…。馬鹿になりません。

 

それなりの金額がかかる事や、一時的にではあるが時間と労力を要する

 

ヒゲ脱毛は、シェーバー代金やその他のお金がずっとかかる事を思えば安いかもしれません。しかし一時的にまとまったお金が必要となります。それに脱毛が自分に合うのか?一種の賭けのような気持ちになるかもしれません。

 

脱毛は1回では終わらず何回もクリニックに通う手間や、労力が必要となるのも事実です。自宅から近くを選んだり、納得のいく金額や自分の中の予算と照らし合わせて考えましょう。

 

肌に対してのトラブルを起こさないか、肌の保湿ケアをしなければならない

 

安全性は問題ないとしても毛根の細胞を焼く訳ですから、照射後トラブルが100%ないとは言えません。人によっては上記のような赤みや毛嚢炎などの症状が出る可能性もあります。

 

ヒゲ脱毛を行っている間は、トラブルを防ぐためにしっかりと保湿をする事が大切となりますので、ケアの面で少し手間がかかります。照射後は乾燥しやすく、それが酷くなると脱毛の際の痛みが増すというデメリットもあるので、気をつけなければなりません。

 

ヒゲ脱毛ランキング

ヒゲ脱毛は何回施術すれば良いのか?

ヒゲ脱毛の施術風景

ヒゲ脱毛は今生えている毛に対して、全て隈なく照射したとしても、1回で取りきれるわけではありません。理由は「毛が生える仕組み」にあります。

 

脱毛に何回も通わなければいけない理由って何?

 

毛というのは大きく分ければ3つの周期に分かれており、成長期、後退期、休止期というサイクルで毛の一生が終わり、また新しく生まれ変わるという状態を繰り返しています。

 

それはひとつひとつの毛穴によってサイクルが違うため、成長期の毛穴もいれば、休止期の毛穴もいます。今ヒゲとして生えている毛が全てではない、という事ですね。

 

ですから一度に取りきれないために何回か毛周期に合わせて脱毛する必要があります。個人差や毛の状態にも左右されますが、一度に照射できるのは全体の20パーセント程度だと言われています。

 

脱毛方法によっても通う回数は違ってきます。それぞれの平均は?

 

脱毛回数は選択する脱毛方法によって変わります。平均的に見れば1回で20パーセントですから5回照射すれば、取りきれるという計算になります。

 

効果が出やすい「レーザー脱毛」では6回コースが多いですが、うぶ毛やうまく毛周期に乗れなかった毛は必ず出てくるので、10回くらいまで人によって必要になってきます。

 

一方「光脱毛」は低出力なので、その倍の12回から20回くらいが大体の平均値となります。出力が弱いので痛みが少ないというメリットはありますが、「数年通っても効果を実感できない」といった声もよく耳にします

 

「針脱毛」に関しては、一本ずつ抜くので抜きたい本数によって時間も回数にも幅があります。実績のあるクリニックだと慣れているので、一本にかかる時間が非常に早いという事もあります。部位の広さにもよりますが、大体光脱毛と同じくらいの回数はかかるでしょう。

 

どれくらいの間隔で脱毛を行えば良いの?トータルでかかる期間は?

 

脱毛は毛周期に合わせて照射しないと効果がありません。レーザー脱毛だと月に1度くらいのペースですから、取りきれなかった分も含めて1年くらいはかかります。光脱毛だとその倍ですから、2年以上は見ておく必要があるでしょう。

 

ニードル脱毛は毛の量によってかなり差が出るため、平均値を出すのが難しいのです。また一本ずつ処理をしていくため、他の脱毛方法との比較はできませんが、長ければ3年くらいはかかる場合もあります。

 

ヒゲ脱毛ランキング

光脱毛|レーザー脱毛|ニードル脱毛の違いとメリットデメリット

ヒゲ脱毛と一口にいっても、色々な種類があります。光脱毛が行われるのはエステサロンと呼ばれる所で、レーザー脱毛やニードル脱毛は皮膚科や医療クリニックです。

 

光脱毛

 

光脱毛とはヒゲ脱毛の場合「IPL:intense pulsed light(インテンスパルスライト)」と呼ばれる光を照射して毛を抜く方法です。

 

元々はフォトフェイシャルといって、赤ら顔やニキビ痕の改善の為にエステで使われていました。それが脱毛にも効果が期待される事が分かり、脱毛手段の1つとして使われるようになりました。

 

光脱毛のメリットは低出力の光なので痛みがほとんどない所です。長い期間かかる脱毛は痛みに弱い人にとってはかなり苦痛ですね。その点、エステでの光脱毛なら痛みの心配は殆ど不要です。勿論、エステにも色々店舗で特徴があるので一概には言えませんが…。

 

一方、デメリットは低出力のため、かなり日数がかかるという事です。また、効果に関しても永久脱毛とは言えないのでまた生えてくる可能性があります。少しヒゲの量を薄くしたいといった人に選ばれている方法です。

 

レーザー脱毛

 

ヒゲ脱毛としてポピュラーなのがレーザー脱毛です。レーザー脱毛は「医療行為」になるので、いわゆるクリニックと呼ばれる所で行う施術になります。光と比べると高い脱毛効果が期待され、医師による施術なので安心感もあります。

 

デメリットはと言うと痛みがある事です。痛みの他にも今はレーザー脱毛も料金がリーズナブルになってきていますが、光脱毛よりも高価というイメージもあります。

 

とにかく痛みには強いし、何回も長く時間をかけたくないという男性はこちらを選ぶと良いでしょう。光に比べれば高出力のため生えにくいと言われていますが、絶対に再生しない訳ではないので、そこは注意が必要です。

 

ちなみに、最近では「メディオスター」と呼ばれる蓄熱式のレーザー脱毛機が一部のクリニックで採用されています。こちらのレーザー脱毛機は従来の「ダイオードレーザー」や「アレキサンドライトレーザー」よりも痛みが軽減されており、効果と併せて高い評価を得ています。

 

ニードル脱毛

 

ニードル脱毛は針脱毛と呼ばれており、毛穴に針を刺しそこに電気を直接ながして脱毛する方法です。昔は女性のVIO(デリケートゾーン)にも使われており、100年以上前から行われている歴史の深い脱毛方法です。

 

一本一本行われるので、ヒゲでもアゴの下だけとか、一部だけを生えてこなくしたいという場合に向いています。メリットは毛の再生能力が低く、毛穴に刺した所はほぼ生えてきません。

 

デメリットは痛みが脱毛方法の中で一番強い事と、一本いくらという計算になるため狭い部位にしか適していないという所です。一本一本なので、当然時間もかかります。絶対に生やしたくない狭い部分を脱毛したいという場合に向いている脱毛方法です。

 

ヒゲ脱毛ランキング

ヒゲ脱毛の痛み【方法、部位、肌質etc】

ヒゲ脱毛をしたい男性にとって「価格」と同じくらい気になるのが「痛み」ではないでしょうか?痛くて続けられないとなると行く事自体躊躇してしまいますね。痛みには個人差がありますが、脱毛方法を変えたりする事で対処できる場合もあります。

 

脱毛方法による違い

 

基本的に痛さについては色々な状況やその人の痛みに対する感じ方で個人差がでます。一般的に脱毛方法でも痛みが違うのも特徴の1つではあります。ヒゲ脱毛の方法はニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛の3つが今主流です。痛みとして一番痛くないのは光脱毛です。その次にレーザー脱毛、そして一番痛いのがニードル脱毛です。光とレーザーはレーザーの方が出力値は高いので効果が高い反面、痛みが強く感じられます。

 

ただレーザーに関しては研究が進み、痛みが緩和されたレーザー機器の導入が増えてきています(上述のメディオスター等)。ニードル脱毛は針を直接刺す方法なので、かなり痛みがあります。レーザー脱毛やニードル脱毛は多くの場合「麻酔」を使った施術になりますが、近年では麻酔不要の施術も増えてきています。

 

部位による違い

 

ヒゲは生えている場所によっても痛みが違います。まずはアゴの下や、ほっぺた周辺(頬)についてはあまり痛くなかったという男性が多いです。毛自体も密集していない場所であるため、我慢できる痛さだという意見が多いです。

 

逆に最も多くの人が痛みを感じる箇所が「鼻の下」です。鼻の下は毛が密集しているところなので、痛いと感じる人が多いです。ヒゲで悩んでいる人は一度は毛抜きで鼻の下の毛を抜いてみたことがあるのではないでしょうか?激痛でしたよね?鼻の下は皮膚が薄く、神経が近いことが痛みを感じやすい理由です。

 

「下唇の下のアゴ全体」も傷みやすい部分です。こちらは毛の量に左右されますが、大体の人が痛いと言います。毛の生え方によっては照射する場所や時間も長いので、痛みを生じる場合が多いのです。

 

肌質などの体質による違い

 

光脱毛やレーザー脱毛は黒い部分に反応してそこに電気があたるため、肌の黒い人の方が色白の人よりも痛みを感じます。さらに乾燥している肌と潤いのある肌であれば、乾燥肌の方が痛みを感じます。乾燥肌という事は、それだけ肌を守る機能が弱いので照射によって炎症などを起こしやすいからです。

 

その他にも毛の量は多いほど、密集しているため照射した時に痛みが強いと言われています。人によって色々な肌の環境や毛の状態があり、またその人の痛みに強いか弱いかでも個人差が非常にあります。痛みに弱い人は事前に麻酔について詳しく聞いておく必要があります。

 

ちなみに、女性で脱毛経験のある人に痛みについて質問してみると、大概は「耐えられる」という意見が得られます。一般的に女性が耐えられる痛みでも、男性には耐えられないことが多いようです。

 

母性本能を持つ女性は将来子供を産むために、生まれつき男性よりも痛みに強い体質になっていると聞いたことがあります。予防接種とかで小学生が泣きじゃくっているのも、大抵男の子のほうが多いそうです。女性の脱毛経験者に痛みの事で意見を聞くときは、その辺を加味して参考にしてみましょう。

 

ヒゲ脱毛ランキング

ヒゲ脱毛を断られる男性の特徴や理由

ヒゲ脱毛ってクリニック行けば誰でも受けられる訳ではない事をご存知でしょうか?行ってみて駄目だと言われて落胆しないためにも、断られるケースを把握しておきましょう。

 

持病がある場合は、内容によっては断られるケースもある

 

内臓の慢性的な持病を持つ場合は、血管の状態が脆くなっている事があります。そこにフラッシュなどの光をあてると中で「内出血」を起こす可能性があります。内臓の疾患の他にも「癲癇(てんかん)」の人は光によって発作が起きる事もあるので、程度によっては断られるケースもあります。

 

その他にも心疾患や脳梗塞など、血管にかかわる病気や重い病気の場合、少しのきっかけでも病気が悪化する危険性を考慮して「やめましょう」という判断をされる事があります。同時に薬の内服をしている場合もはじめのカウンセリングの時に聞かれる事が多いでしょう。

 

アトピーの状態が悪い、過度の日焼けをしている場合もNG

 

内臓の疾患の他にも肌自体の状態を見られる事が多いです。アトピーの肌に照射できない事はありませんが、アトピーは状態が良い時と不調な時ってありますね。そういった状態によっては断られる場合もある事を知っておくと良いでしょう。

 

肌は照射前も照射後も日焼けをしてはいけないですし、赤くヒリヒリとした状態だと断られます。日焼けをして黒くなっている肌も、痛みが増す可能性があるため、脱毛は基本的にできません。紫外線は肌を焼き、乾燥を悪化させますので、それが原因で照射ができないと言われるケースも珍しくありません。

 

断られはしないが、部分的に断られるケースとは?

 

脱毛自体を断られることは無くても、場合によってはその部分だけできないと言われる事があります。例えば、顔のどこかに手術で「金属」を埋めた場合、万が一照射して熱を帯びた場合に火傷の可能性があります。

 

さらにニキビができている部分や、ホクロがあるところには一部「シール」を貼ったりして対応してくれる所があります。ヒゲのある部分にタトゥーが入っている人は少ないかもしれませんが、首などに入っていればそこの部分は断られるかもしれません。

 

クリニックに行く時は、お酒を飲んで行ったり毛抜きで毛を抜いてしまっても当日の施術ができません。予防接種をしたり体調が優れない時にも断られるケースがあるのを覚えておきましょう。

 

肌トラブルを招かないように万全の体制を敷いているクリニックがほとんどですから、肌に不安がある人は必ず事前に相談する事が重要です。

 

ヒゲ脱毛ランキング

ヒゲ脱毛に対する女性の評価

恋人や奥さんにヒゲ脱毛を行う事を内緒にした方が良いのか悩む男性も多くいます。理由は男のくせに毛を抜くなんて女々しいと思われたら嫌ですし、どんな反応をされるのか怖いからです。気にしすぎて中々脱毛に踏み切れない男性も少なくありません。

 

男性のお洒落の意識が変わったように、女性の毛に対する意識も変わりつつある

 

何故このような意識が男性の中にあるのかと言うと、昔の男は「毛があって当たり前」という風潮があったのと、ツルツルの肌なんてナヨッとしていると思われると考えているからです。

 

しかしここ何年かで、男性のお洒落の意識が高まっているように、女性の意識だって変わってきています。ヒゲを脱毛するという事は、それだけ身だしなみやお洒落に気を遣っていると捉える女性が多いので、隠す必要はないと考える女性も多くいます。

 

メンズ脱毛に肯定的な意見をいくつかご紹介します

 

脱毛に肯定的な意見としては、「毛が濃いと清潔感が出ない」という女性がいます。特に外から見えるヒゲや足などは少し薄い方が爽やかで良いという意見も多いです。

 

またヒゲは剃っていても濃いと青く見えてしまいます。それが嫌だと言う女性もいますし、髭剃り負けで顎周辺がニキビだらけの男性は女性ウケも悪いのです。女性が男性を見る際に一番重要だと言われている「清潔感」が損なわれてしまうことが大きな原因でしょう。

 

最近では肌の綺麗な男性が女性にモテますので、テレビに出てくる俳優さんは皆肌が綺麗です。ですから風潮としてはヒゲ脱毛に寛容な女性も多いでしょう。奥さん側の意見としては、かかる費用について意見をされる事はあったとしても、やりたい事に口出しする女性は少ないのではないでしょうか。

 

女性の意見も大切ですが、自分がしたいと思う事が何より大切です

 

女性の意見は気になるかもしれませんが、女性は男性の苦労を知りません。毎日朝から忙しいのにヒゲを綺麗に整えなければならない。電気シェーバーでは剃り残しがあり、カミソリで行うと切れてしまう事もあります。

 

またそれが原因で肌荒れを起こしたりする事もありますね。納得のいかない女性であればその事を説明してみてはいかがでしょうか?意外と苦労を知らない事が多いので説明すれば理解してくれるかもしれません。仮に「ツルツル」が嫌だと言われれば、譲歩して薄くする「デザインヒゲ」という選択肢もあります。

 

全ての女性がそうではありませんが、男性が思うよりも賛成の声は多いと考えられます。モヤモヤせず、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

私の周りではパートナーにヒゲ脱毛することを隠している人はいません。私の場合、脱毛を妻に隠そうという意識は一切芽生えませんでした。脱毛後の仕上がりの評価については、一部悪評価を得ている知人もいますが…。

 

ヒゲ脱毛ランキング

男性のヒゲ脱毛の歴史やトレンド

男性のヒゲ脱毛って、今はかなりメジャーとなりましたが、どれくらいの歴史があると思いますか?脱毛は女性だけのものというイメージがあり、そのように研究が進められてきたのですが、今はヒゲだけに留まらず足や体全体に広がっていますね。

 

そもそも毛を抜くという行為自体は太古の昔からあった

 

そもそも毛が邪魔だといった意識は太古の昔からあったようで、約2万年前の石器時代にはすでに「毛を抜くための道具」があったそうです。その頃、お洒落はもちろんですが、宗教的な事が関わっていた可能性もありそうです。

 

脱毛器の開発はアメリカが発祥ですが、日本に本格的な脱毛器が入り出したのは1900年半ばです。近年の様々な脱毛グッズが巷に溢れていることからも、昔と今でムダ毛に対する意識はあまり変わっていないことが窺えます。

 

ヒゲ脱毛は男性のお洒落がトレンドになりだした90年後半から

 

男性の脱毛が始まったのは、男性のお洒落がブームになりだした90年後半から99年くらいです。私も当時は学生でしたのでメンズ向けの雑誌を参考にお洒落を頑張っていました。それらの雑誌に脱毛クリーム等の紹介があり、希望を胸に購入しましたが、ことごとく裏切られたのは今では苦い思い出となっています。未だに実家にはDMが届き、地味に迷惑です…。

 

そんな当時、美容全体の意識が男性にも高まりヒゲを脱毛する男性も徐々に増えだしました。この頃メインだった脱毛方法は、レーザー脱毛もしくはニードル脱毛と呼ばれる方法です。

 

しかしニードル脱毛やレーザー脱毛は痛みを伴います。しかも昔の脱毛は半端なく痛かったそうです…。何とかこの痛いのを抑えた脱毛方法はないかと色々な機関で研究が進められた結果、2000年以降に作られたのが「フラッシュ脱毛」と呼ばれる脱毛方法です。

 

このフラッシュ脱毛の誕生により脱毛サロンが一気に増えて、より「脱毛需要」に火をつけるキッカケとなりました。光脱毛は医師免許がなくても照射できるので、脱毛サロン経営に乗り出す企業が増え、今のようにメジャーになったというわけです。

 

最新のヒゲ脱毛は、レーザーなのに痛くない

 

今はサロンではフラッシュ脱毛、クリニックではレーザー脱毛がメインです。どちらにも一長一短がありますが効果を取るか、痛くないを取るかで分かれます。しかし、ここ最近ではレーザー脱毛なのに痛くないという理想的なレーザー機器が導入されてきています

 

痛かったら嫌だと敬遠してきた男性達にとっては、レーザーだから効果もきちんと感じられ、痛くないとなればかなり嬉しい事ではないでしょうか。男性だけでなく女性からもクリニック全体からも注目される事は間違いないでしょう。

 

HP管理者より最後のご挨拶

 

世の中、沢山のコンプレックスがあります。例えば、ハゲを治す、目を二重にする、鼻を高くする、ニキビ跡(クレーター)治療、ワキガ治療、輪郭を削る手術、包茎治療、歯列矯正、等々…。それらの解決方法は現代医学の進歩で日々増え、進歩しています。

 

ただ当然ですが「費用」は安くありません。数十万は当たり前、中には数百万必要になることもあります。それでも需要は無くならないのです。悩み続ける未来よりも、明るい未来を買いたい、そう考える人は沢山います。

 

そんな中、「ヒゲが濃い悩み」を解決する為の費用は「割りとお手頃な方」ではないでしょうか。多くても20万くらい出せば、自他ともに認める濃いヒゲの持ち主でも、クリニックで一通り永久脱毛することが可能です。他のコンプレックスを改善する美容整形費用に比べれば安く感じるのは私だけではないでしょう。

 

環境が整った今、男性がヒゲを脱毛するにはベストなタイミングかもしれません。近い将来、ヒゲで悩む男性は激減しているのではないかと私は考えています。このHPが貴方の悩み解決の一助となることを願い筆を置きたいと思います。最後まで読んで頂き有難うございました。

 

ヒゲ脱毛ランキング